カタログギフトは選べて便利

結婚披露宴の引き出物でカタログギフトをもらったことがあります。
引き出物で貰っても、使わなかったり、邪魔になったりするものが時々ありますが、カタログギフトだと、自分で好きなものが選べて、それを自分で注文すれば送られて来るので、とても便利でもらっても嬉しいと思うものです。
私はそれほど種類を貰ったことがありませんが、私が貰ったカタログギフトには良さそうなものが沢山載っていて、選ぶのに迷って困ったものです。
食べ物はステーキのお肉などがあって、食欲をそそられますし、もう一冊のカタログにはアクセサリーからバッグやスカーフなど、これまた迷うものが沢山載っていました。
全体的に同じくらいの値段設定になっているのだと思いますが、選ぶのには本当に迷います。
その迷いもいい意味での迷いで、どれにしようかと、カタログをひもといて行くのは実に楽しいものです。
私も自分の結婚式のときに、引き出物 カタログギフトにしようかと思っています。
なぜなら、自分が貰ったときに選ぶ楽しみ方と送られて来るのを待つ楽しみ、そして、届いたときの喜びを味わえるからです。
自分で選んだものだったら、粗末にすることもなければ、邪魔になることもないですし、それが例えば食べものだったら、食べてしまえばなくなってしまうものですから、場所もとりません。
私はもらったカタログギフトの中から、濱野皮革工芸が作っているトートバッグに交換することにしました。
写真に写っている商品がとても魅力的に思えたからです。
大きさもちょっと小さいかなと思いましたが、丁度いいようでしたので、それに決めました。
そして、それが送ってくるまで、私はわくわくしながら待ちました。
なぜなら、濱野皮革工芸と言えば、皇室御用達のバッグの老舗で有名だし、写真のトートバッグも良さそうだったので、受け取るのをとても楽しみにしていたのです。
そして、やっと、それが送ってきました。
私は嬉しかったのですが、送られてきたトートバッグは思ったよりも簡素で、小さかったです。
外に持って出るほど大きくなくて、ちょっとあっけにとられてしまいました。
引き出物なのだから、こんなものかな?と思いました。
今では、もの入れにして、主に部屋の中で整理整頓のために使っています。
わくわくして待っていた間が一番嬉しかったような気がします。
実際に品物を手にしてみると、写真がいかに上手に撮れていたのかがわかりました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)